python開発環境で複数プロジェクトを横断する場合に便利なpyevnの導入手順メモ。
pyenv自体は以前から利用していて、いつもyouhei-nitta大先生のブログを参考に
環境構築していたけど、個人的にも手順を残そうと思った。

pyenv関連パッケージのインストール

python開発環境するにあたり、まずpyenv、pyenv-virtualenvの二つのパッケージをインストール

1
brew install pyenv pyenv-virtualenv

shellログイン時にpyenv関連のコマンド等を認識させるため、.zshrcに以下を追記

1
if which pyenv > /dev/null; then eval "$(pyenv init -)"; fi

pythonのインストール

1
pyenv install 2.7.9

プロジェクトごとのpython環境の構築

python-virtualenv と pyenv local でプロジェクトごとに環境構築

さきほど作成した 2.7.9 を元にvirtualenvでgameA, gameBの環境を構築

1
2
pyenv virtualenv --distribute 2.7.9 gameA
pyenv virtualenv --distribute 2.7.9 gameB

pyenv local でそれぞれの Project Root 上に .pyenv-version を作る

1
2
3
4
cd ~/project/game-A
pyenv local gameA
cd ~/project/game-B
pyenv local gameB

これでProject Root配下にいる場合はvirtualenvで構築したpython環境を参照するようになる


X